自損事故の場合の支払い

自賠責保険は自動車を所有する人が必ず入らなければいけない保険です。しかし、その目的が、自動車事故により死傷した被害者の保護救済を図ることであるため、被害者のいない物損事故や単独事故の場合には適用されないことになります。
しかしこのような自損事故であっても、他人の物を壊してしまった場合にはその賠償を行わなければいけないことになります。その為、その支払いは自らの費用で支払うか、任意保険で支払うことになります。
従って、賠償金の高額化により、任意保険に加入して自賠責保険で不十分な賠償金の補填をする必要があるという事は良く聞かれますが、物損事故などにより相手方の物品を破損してしまった場合にも、自賠責保険で適用されなかった部分を任意保険で補填しておく必要があります。しかし、任意保険加入の際にはこの点も意識しておく必要があります。すなわち、物損で他人の物を壊してしまった場合に適用する保険にも必ず加入しておくべきだという事です。
任意保険の中には、このような事故の場合に備えるものを商品として扱うところも増えています。物品も必ずしも安いものばかりではなく、高価なものも存在するので、その際に賠償金を支払えるように準備しておくことが大切です。

Filed under: 未分類 — gen 10:18 PM