自動車運行中でない場合の支払い

自賠責保険というのは、自動車の運行によって他人にケガまたは死亡といった被害を与えてしまい、しかも加害者のほうに法律上の損害賠償責任がある場合について、その損害について保険金が支払われるという内容になっています。
そのため、これらの条件を満たしていない場合については、たとえ事故によって相手方に死傷という被害があった場合であったも、保険金が支払われないケースがあり、例えば、車の運行にかかわりなくケガや死亡などがあった場合が典型的なケースといえます。
正規の駐車場にきっちりと駐車していた車に対して、駐車場内でスケートボードで遊んでいた少年があやまって激突して死亡してしまったといった場合は、運行中のものとはいえませんので、当然のことながら保険金が支払われることはありません。
また、運行中であったとはいっても、持病の発作がたたって同乗者である他人が死亡してしまったといった場合についても、運行そのものとは何の関連性もないため、やはり保険金が支払われることはありません。
ただし、道路上に停車して同乗者を降ろしていたところ、大きく開いたドアに後ろから来た自転車がぶつかって死亡してしまったといった被害などの特殊なケースでは、運行中に含めて保険金が支払われることがあります。

Filed under: 未分類 — gen 10:18 PM