損害別の支払限度額の定義

自賠責保険は、法律にもとづき運行のために用いるすべての自動車が加入しなければならないこととなっている強制保険であるため、自動車事故による被害があった場合の損害の定義や保険金の支払限度額についても、国が一律に定めています。
まず、事故によるケガは傷害として扱われ、保険金として支払われる限度額は120万円までとなっています。このなかには、病院で治療を受けたとの治療費、入院にかかった入院費、通院のときのバス代やタクシー代、診断書の作成料などのほか、交通事故証明書の交付手数料、会社を休んだ期間の休業補償、肉体的・精神的苦痛に対する慰謝料などが含まれています。
また、ケガが治癒したあとで、心身に障害が残ってしまったときには、後遺障害として扱われ、逸失利益や慰謝料相当が支払われます。神経系統や内臓を損傷して他人の介護が必要になるようなもっとも重度のケースであれば特別に4,000万円まで、他のケースでは症状によって等級がつけられ、その等級にしたがい、最高3,000万円までというのが保険金の支払限度額になります。
さらに、被害者が死亡してしまった場合については、葬儀費や慰謝料のほか、将来の逸失利益がプラスされて、3,000万円までが限度額として認められています。

Filed under: 未分類 — gen 10:19 PM