加害者にまったく責任がない場合

自動車を公道上で運行する場合は、その所有者はかならず自賠責保険に加入しなければならないことになっています。
いったん自動車事故が起こってしまった場合には、その被害者はケガによって長期間の治療を余儀なくされたり、あるいは将来にわたる後遺障害になやむことになったり、最悪の場合には死亡してしまうといったこともあるからです。
しかしながら、自動車事故による被害者にケガ、後遺障害、死亡といった損害があった場合であっても、自賠責保険の保険金が支払われない場合もあります。
例えば、事故の加害者とされた人にまったく責任がないことが立証された場合が挙げられます。
事故によってケガなどを負った被害者の側が車道のセンターセインを越えて正面衝突をした場合や、被害者の信号無視がそもそもの事故の原因となった場合などです。
こうした場合であって、すでに自賠責保険からの保険金が被害者に支払われてしまった場合については、被害者はすみやかに保険会社に対して返還をしなければなりません。
そのほかにも、基本的に自賠責保険は人身に対しての損害を補償することを前提としたものであるため、自動車の車体が壊れるなどの物損事故については、保険金が下りることはありません。

Filed under: 未分類 — gen 10:17 PM