保険金が支払われないケース

自賠責保険金が支払われないケースとして、運転者本人のケガがあります。これについては任意保険の人身傷害保険や搭乗者傷害保険で支払可能です。被害者が車の持ち主等、車を使用することで利益を得る者であった場合です。自賠責保険では、自動車を自らのために使用している者を運行共用者と言います。運行共用者が、被害者になった場合は自賠責保険ではカバーされません。具体的な運行共用者としては、車の所有者ではないが日常的にその車を使っている者、レンタカー等を借りて複数名で旅行をしていたような場合は、その全員などです。これらの人達も任意保険の対人賠償保険や人身傷害保険でカバーされます。加害者に全く過失が無い場合も自賠責保険ではカバーされません。例えば、信号待ちの車に追突してきた車の運転者や赤信号を無視してきた車の運転者がケガをしたような場合です。加害者に全く過失がない事は加害者側に立証責任があるので、加害者に少しでも交通違反等が有れば自賠責保険でカバーされる可能性があります。また、泥棒運転者等、加害者が無断で他人の車を使っている場合は、自賠責保険ではカバーされません。このような場合は人身傷害保険や政府保障事業でカバーされます。

Filed under: 未分類 — gen 3:28 AM