被害者が他人でない場合の支払い内容

自動車(トラック、バイク、軽自動車、原付も含む)を運転する時に重要なものの一つに、自動車損害賠償責任保険、一般に「自賠責保険と」呼ばれるものがあります。
自賠責保険は、必ず加入しなければならないもので、法的に義務とされています。
未加入の場合は1年以下の懲役、または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点と、厳しい罰則が設けられています。
また、加入していても車に書類を積んでおかないだけで、30万以下の罰金となるので、注意が必要です。
自賠責保険は、車検を取る時に一緒に申し込むのが一般的です。
原付など車検がない車両については車両購入時に加入、その後各自で更新します。
自賠責保険の補償は、自動車の運行で「他人」に怪我をさせてしまった、死亡させてしまった、被害者に後遺症が残ってしまったなど、相手に対する「対人」の補償となります。
ここで言う自動車の「運行」とは、例えば止まっている車のドアを開けたときに、人に怪我をさせたという場合も含まれますので
走っているときに限ったものではありません。
対人の補償の保険なので、事故の際に「自分」が怪我をしてしまった、ガードレールや壁などを物を壊してしまった(対物)という場合は、補償の対象外となります。
一方、事故のときに自分の車に乗っていた「同乗者」は、自分以外の他人という扱いになり、自賠責保険での補償の対象となります。

Filed under: 未分類 — gen 10:18 PM