被害者がケガをしてしまった時は

交通事故で相手にケガをさせてしまった場合は、法律によって損害賠償責任を負わされます。被害者に賠償しなければならない具体的な項目は、治療費や通院交通費、休業損害、慰謝料等になります。具体的な金額は事故の状況、受傷内容や入通院状況、具体的な仕事内容、後遺障害の有無等によって変わってきます。自賠責保険では傷害の場合120万円までカバーされ、半分以上の事故は自賠責保険の範囲内で終了します。自賠責保険でカバー出来ない場合は任意保険で支払ってもらうことになります。また、被害者との示談交渉は任意保険保険に加入していないと当事者間で行わなくてはならないため、この面でも任意保険への加入が重要です。示談交渉等の賠償問題は保険会社がやってくれますが、加害者になった際は被害者への見舞いは自らが行わなくてはなりません。被害者の気持ちがお金だけではおさまらないことも多く、解決に当たっては加害者として道義的に行わなくてはならないことが出てきます。法的には被害者への見舞いが強制されることはありませんが、加害者への刑事処分を決定する際に被害者の意向はかなり重要であり、自らの身を守るためにも被害者への見舞いは必ず行いましょう。

Filed under: 未分類 — gen 10:20 PM