自賠責保険の支払限度額

炎02自賠責保険は、交通事故の被害者を救済することを目的として法律により強制加入となっている自動車保険であり、傷害、後遺障害、死亡といった区分に応じて必要な保険金を受け取ることができ、その場合の支払限度額についても国が一律に定めています。
まず、傷害による損害ですが、この場合は治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料といったものが、保険金の内訳として含まれ、限度額は被害者1名について120万円となっています。
炎01後遺障害による損害は、逸失利益および慰謝料が保険金として支払われ、その限度額は障害の程度に応じた級別に異なっていますが、第1級に位置づけられた場合は3,000万円で、第14級であれば75万円となっています。ただし、神経系統や胸部・腹部の傷害で、常時の介護を必要とするなど、障害の程度がきわめて重い場合については、最高額の4,000万円までが限度額として認められています。
死亡による損害については、葬儀費、逸失利益、被害者と遺族それぞれの慰謝料が支払われますが、限度額は被害者1名につき3,000万円となっています。
また、死亡するまでの傷害による損害についても、保険金の支払対象となっており、その場合の限度額は、単なる傷害と同様の120万円です。